スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yummy!!

野菜の美味しい季節になってきた!!

ズッキーニが出回る頃になると、必ず作るのがラタトュイユ。

ズッキーニ、茄子、トマト、ピーマン、パプリカ♪

b67a983cc88a11e1af7612313813f8e8_7.jpg

たっぷり作って他のお料理にも使います。

次の日からの方が美味しくなる気がする☆

自家製ジェネベーゼソースを使って揚げポテトのジェノバソース和え。

5f81d734c88a11e19b0622000a1e8a4f_7.jpg

揚げたポテトをソースに絡めるだけ☆

yum yum !!
スポンサーサイト

そら豆

49b62584c42211e19b0622000a1e8a4f_7.jpg

友達から採れたてのそら豆をどっさりいただきました。

すごく立派でフレッシュ。

いつも旬のものを採れたてのうちに持って来てくれる心使いがとてもうれしい。

この日は茹でて皮をむいたそら豆にオリーブオイルを回しかけ、刻んだ生ハム、軽く塩、

パルミジャーノを振った簡単なもので。

a7790df8c5d511e1a38422000a1c8933_7.jpg

素材の味がしっかりしてるから味付けはシンプルにしたほうが絶対に美味しい!

茹で時間も2分!

たぶんこれが一番素材の味を生かす茹で方なんだろうっていうくらいベスト!

身体もですが、本当に心が豊かになる。

自然の恵みっていうのはこーいうことだ。

素晴らしい!

ありがとう。LOVE!






バターチキンカレー

5484a0c6abe511e1be6a12313820455d_7.jpg

カレーにこだわりがあります!ってほどではないけど、

高校時代とプラス一年間カレー屋さんでアルバイトをしていたので、おいしいカレーに目がありません。

私のカレーは何種類か定番があります。

今回はバターチキンカレー。

何度か作ってとても好評だったので、これは定番入りに決定!

チキンティッカマサラってもいうのかな?

インド料理店さんならありますよね。

これは本当に簡単なカレーで、作る前の晩に下ごしらえしておくだけで簡単にできちゃうのがすばらしい。

時間がない人でも、手が込んでる風に思われますよ。

8d6295c4ab2711e1af7612313813f8e8_7.jpg

こんな感じで。

手前のお肉は別件で下ごしらえしてたものなので関係ありませんよ(笑)

カレーは種類がたくさんあって、まだまだ作ってみたいのがたくさんあるんですよね。

ちなみに私の定番カレーですが、こんな感じ(笑)

牛スジカレー(圧力鍋で牛スジをトロトロにします)

ビーフカレー(ヨーロッパスタイル)

かまくら風(バイトしてたカレー屋さんの名前)ドライカレー

この3つは大仕事なので、たまにしか作りませんが、バターチキンカレーはすぐできるので楽。

えびとかでもいいね。

トマトベースのカレーです。

定番をコンプリートしていくことがジワジワ楽しい今日この頃(笑)

gradually understand it

9790ca18add211e181bd12313817987b_7.jpg

自分なりのおにぎりを握れるようになったのは最近のこと。

おにぎりなんて簡単じゃん!

具を入れてギュギュっと握ればいいんでしょ!

と思ってた20代(笑)

普通においしいんだけど、なんか違和感。

最近になってわかったのは力が入りすぎてた。

最近はいい感じで力が抜けて、空気を含ますように優しく握る。

ホロって崩れるか崩れないかの微妙なライン。

これが食べるときの幸せ感につながるような気がする。

今日、差し入れで持っていったこのおにぎりを褒めてもらった。

こんなもので褒めてもらえるとは思ってなかったけど、とても嬉しかった。

おいしく食べてる顔を見ると、とても幸せになる。

なんかそれだけで十分で、言葉はいらないなって思った。


うすく塩麹を塗ってフライパンで焼いただけのシンプルな焼きおにぎり。



蕪蒸し

IMG_1921.jpg

この間作った蕪蒸し。

スズキと海老としいたけ入り。

蕪を使った料理の中でこれが一番好き。

この日は2つだけあまってた蕪が早くどうにかしてくれと嘆いてたので。

レシピ適当だけど書いておこう(笑)

蕪2個 (すりおろす)絞り汁は捨てないでね。

卵白1個(角がちゃんと立つくらいに泡立てる)

お好みの白身魚 2切れくらい

あれば海老

魚に塩を振って少しおく。

絞った蕪に泡立てた卵白、塩を一つまみくらいをいれて手でメレンゲをつぶさないようにさっくり混ぜる。

器に魚と海老、お好みでしいたけ、百合根、なんでもいいよ(笑)を盛り付けて上から蕪をかける。

蒸し器で20分くらい蒸す。

蒸してる間、餡を作ります。

お好みのだし汁、蕪の搾り汁、みりん、を火にかける。

甘めがすきならお砂糖を少し足してもいいね。

いい感じになってきたら醤油を入れる。

味を整えて、水溶き片栗粉でとろみをつける。

蒸しあがったら餡をまわりからきれいに回しかける。

真ん中にわさびをちょこんと乗せてできあがり。

寒い時期とかに喜ばれるよね。

すごく優しい味で、中に入れる具はあるもので。

はんぺんとかでもいいかもね。

餡が残ったので次の日も使います。

牛ごぼうのあんかけご飯。

IMG_2035.jpg

牛のしぐれ煮に餡をかけるだけなんだけど、これがまたおいしいの。

餡に入ってる蕪のしぼり汁が良い出汁になってる。

野菜の力はすごいね。

かぶは、葉はふりかけやお漬物、しぼり汁は出汁にと色んな使い道があるね。

蕪蒸しっていうと面倒なイメージがあると思うけど、力がいるのは蕪を摩り下ろす手間と、卵白を泡立てる手間だけ。

仕事が終わってからもおいしいものを食べたいからね。

食いしん坊なんですね(笑)

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。