スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたお久しぶりです(笑)

またしてもお久しぶりになりました(笑)

相変わらずインスタグラムライフ。

ということで、これ貼っておきます。

見れるかな?(笑)




見れなかったらこちっをクリック♪

iPhoneでは見れましたけど他のスマートフォンでは試してません。

見れたらどうぞ♪

http://365gram.net/p/599119497220/

さて、この間読んでとっても良かった詩集。

夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった

谷川 俊太郎

fdadfsfs.jpg

先日、またパパの本棚からいっぱい本を持ってきた中での一冊。

すごく良かった。

彼の詩はなんだろう?

言葉がすーっと入ってくる。

詩は深く考えないで感じる方が心に入ってくるっていうのを最近思った。

短い言葉に込められた感情や情景、背景や過去。

悲しさの中に優しさがある。

経緯や登場人物の細かな説明がない分、こちらとしては想像力が膨らみます。


きみが怒るのも無理はないさ

ぼくがいちばん醜いぼくを愛せと言ってる

しかもしらふで


今ならなんとなくわかるな、これ。

たぶん、女の人ならわかるのかも。

ま、細かくレビューは書きません。

もし機会があったら是非。

実家に帰ると本をいくつかチョイスするのですが、私が持って行こうと積み上げた本をチラッとみるパパ。

うん、なかなか良いセレクト!ってボソッと(笑)

先生みたいだ、って思ったけど国語の先生だった(笑)

やっと1Q84も借りてきたし、大変だけど楽しみ増えたな~☆
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。